数の季節 : 囚われの女たち  第10部

山代 巴【著】

日本各地の都市に、米軍機は焼夷弾の雨を降らせ、次々に家は焼け、人びとは死んでいった。一方、和歌山女囚刑務所の囚われの女たちは、栄養失調から、ばたばたと死んでいった。まさに人間が単なる数となる季節の果てに、原爆は落とされたのである。光子は、また光子の母たち、弟たちは、この状況の中で、どのような戦後を用意していったであろうか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数の季節 : 囚われの女たち
著作者等 山代 巴
書名ヨミ カズノキセツ : トラワレノオンナタチ : 10
シリーズ名 山代巴文庫 10
巻冊次 第10部
出版元 径書房
刊行年月 1986.8.15
ページ数 412p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想