写楽相撲膝栗毛(すもうできえたしゃらくのなぞとき)

小島 貞二【著】

"幻"の浮世絵師東洲斉写楽は、相撲絵の製作途中で忽然と消えた。「それはなぜ?」そして「写楽とは、誰?」の謎を解く。付録に写楽描く相撲絵。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 写楽相撲膝栗毛(すもうできえたしゃらくのなぞとき)
著作者等 小島 貞二
書名ヨミ シヤラクスモウヒザクリゲスモウデキエタシヤラクノナゾトキ
シリーズ名 相撲丸豆本シリーズ 1
出版元 丘書房
刊行年月 1986.5.12
ページ数 64p
大きさ 12×12cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想