身体の現象学

湯浅 慎一【著】

初源的ノエマとしての「身体」現相の布置!<身体>というオントロギュッシュな謎と、「世界」に聳立するキネステーゼの図軸。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古典的身体論-形而上学的身体論の性格と動機
  • 第2章 身体についての形而上学から現象学への道
  • 第3章 世界は身体によって開示される
  • 第4章 身体における自己意識
  • 第5章 身体の対他者性
  • 第6章 自然と身体
  • 第7章 世界=内=存在である身体的存在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体の現象学
著作者等 湯浅 慎一
書名ヨミ カラダノゲンシヨウガク
シリーズ名 叢書・フエノメノロギカ 8
出版元 世界書院
刊行年月 1986.9.10
ページ数 225p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想