山野の思考 : かまぼこ、さつま揚げ、テンプラ、フライをめぐる認識と語義

野林 正路【著】

[目次]

  • 第1章 こころの山、こころの川
  • 第2章 あいの子の意味
  • 第3章<認識>と<語彙>の構造
  • 第4章 生活様式の変動と認識・語彙の変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山野の思考 : かまぼこ、さつま揚げ、テンプラ、フライをめぐる認識と語義
著作者等 野林 正路
書名ヨミ サンヤノシコウ : カマボコサツマアゲテンプラフライオメグルニンシキトゴギ
シリーズ名 モナド・ブックス
出版元 海鳴社
刊行年月 1986.8.15
ページ数 80p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想