保育の原点に立つ

林 健造;山内 昭道;近藤 充夫;小林 美実;村石 昭三【著】

HYKMはハイカムと呼びます。林健造(造形)・山内昭道(科学)・近藤充夫(運動)・小林美実(音楽)・村石昭三(言語)の5名の会員の頭文字をとったものです。これらのそれぞれ専門分野の違った5人の仲間が、いわゆる領域の枠をとりはらって、総合的に保育の問題にとりくんでいこうという趣旨で集まった、いわば専門領域相互研究会なのです。本年度は「今なぜ子どもらしさか」というテーマで、現在の保育問題の焦点をみんなで探究してみました。21世紀に向けての大事な教育改革は、保育にかかわるものの1人ひとりが真剣に、わがこととして発想し、熟考してみることがとても大事だと思います。私どもそれぞれが、執筆したり、座談会形式で討論をしたりしたものをまとめたのが本書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 座談会 21世紀への幼児教育(幼児教育の現状
  • 教員・保母養成問題
  • 現行6領域の問題点
  • 領域相互のかかわり
  • 21世紀を志向する幼児教育)
  • 座談会を終えて HYKMからの提言(「造形」
  • 「科学」
  • 「運動」
  • 「音楽」
  • 「言語」の立場から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 保育の原点に立つ
著作者等 小林 美実
山内 昭道
村石 昭三
近藤 充夫
林 健造
書名ヨミ ホイクノゲンテンニタツ
シリーズ名 HYKM(ハイカム)幼児教育原論 上
出版元 教育出版
刊行年月 1986.9.3
ページ数 145p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4316363409
NCID BN05032203
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想