真理と方法  1

ガダマー ハンス・ゲオルク【著】<Gadamer Hans Georg>;轡田 収;麻生 建;三島 憲一;北川 東子;我田 広之;大石 紀一郎【訳】

近代の科学的方法思考によって覆い隠されているもの、あるいは見誤られてきた事柄を呼び起こしその意識化を図った、現代思想界に影響大なるガダマーの《哲学的解釈学》の全容。芸術経験および歴史的伝統を起点として、<人間の世界経験と生活実践の全体>に対応する<認識>ならびに<真理>の概念を展開し、解釈学的現象の全射程を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 芸術経験を手がかりとした真理問題の展開(美学的次元の乗り越え
  • 芸術作品の存在論およびその解釈学的意味)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真理と方法
著作者等 三島 憲一
北川 東子
大石 紀一郎
我田 広之
轡田 収
麻生 建
ガダマー ハンス・ゲオルク
書名ヨミ シンリトホウホウ : 1
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
巻冊次 1
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1986.8.15
ページ数 289,3p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想