わかりやすい経絡治療 : 脉診によるはり実技の入門書

福島 弘道【著】

近頃、世界には東洋医学へのリバイバルとて、鍼灸のブームが溢れている。3000年の伝統に輝く真の鍼灸は、「脉診・証・補瀉」によらなければならない。本書はその最も良き脉診によるはり実技の指導書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経絡治療
  • 第2章 気血
  • 第3章 陰陽5行説
  • 第4章 経絡の概要
  • 第5章 脉診の概要
  • 第6章 補瀉の概要
  • 第7章 臓象論
  • 第8章 5臓の色体表
  • 第9章 12経絡および奇経の流注と経穴
  • 第10章 病因論
  • 第11章 病証論
  • 第12章 4診法(望・聞・問・切)
  • 第13章 脉診
  • 第14章 証決定
  • 第15章 補瀉論
  • 第16章 取穴の補瀉(経絡治療の真髄)
  • 第17章 経穴の分類と性格
  • 第18章 治療法則
  • 第19章 相剋調整の治療法則
  • 第20章 誤治の調整
  • 第21章 救急法、補助療法としての子午・奇経・ナソ・刺絡治療
  • 第22章 経絡調整の類別とその展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わかりやすい経絡治療 : 脉診によるはり実技の入門書
著作者等 福島 弘道
書名ヨミ ワカリヤスイケイラクチリヨウ : ミヤクシンニヨルハリジツギノニユウモンシヨ
出版元 東洋はり医学会事務局
刊行年月 1986.3.10
版表示 第2版
ページ数 270p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想