法人税法詳説  昭和61年版

吉牟田 勲【著】

単に現行法の制度的な解説にとどまらず、立法の背景やどういう考え方からそのような所得計算規定が設けられているか、などの点に重点が置かれ執筆されている。とくに、法人税法が企業会計より算出される「純利益」と「課税所得」と異なる処理をさせる理由及び処理方式に焦点をあて、考え方の変遷や外国税制との比較、商法や企業会計との相異等もできるだけその根本の理由に触れて解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 法人税の地位とその仕組みの概要
  • 第2 法人の種類と法人税の納税義務の範囲等
  • 第3 企業の利益と課税所得との関係
  • 第4 法人税の課税標準-各事業年度の所得金額の計算の原則
  • 第5 益金の額の計算
  • 第6 損金の額の計算
  • 第7 その他の所得計算
  • 第8 法人税額の計算
  • 第9 申告、納付、還付

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法人税法詳説
著作者等 吉牟田 勲
書名ヨミ ホウジンゼイホウシヨウセツ : 61
巻冊次 昭和61年版
出版元 中央経済社
刊行年月 1986.7.10
ページ数 458p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4481845929
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想