カネに恨みは数々ござる

広瀬 仁紀【著】

日舞雅流の名花二輪と噂高い扇千代と扇芙治の間には、家元夫人の座をめぐって激しい火花が散っていた。だが、先代追善興行の華々しい大舞台の最中、突然扇芙治が倒れた。「わたし、殺されたのよ」死んだ筈の扇芙治から、大学の後輩佐理にかかってきた一本の電話が事件の謎をとく手がかりに…。華やかな日舞の世界の裏で蠢く陰湿な欲望。怪事件の謎を追って、江戸っ子気質の大会社社長と、古風な現代っ子美人秘書佐理の活躍を描く、書下しユーモア・ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カネに恨みは数々ござる
著作者等 広瀬 仁紀
書名ヨミ カネニウラミハカズカズゴザル
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1986.7.25
ページ数 272p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4041471192
NCID BN02544344
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想