飛騨の暮らし : 大工・上野慶太郎翁

上野 登【著】

飛騨は古くから腕のたつ匠(たくみ・大工)を多数生み出した土地であるが、その高山市で大工として一生をおくった上野慶太郎翁からの貴重な"聞き語り"。飛騨びとたちのつましい暮らし、野麦峠を越えて糸ひきに行った女達の哀話、山王祭など、風俗、生活を感動的に綴る

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. 飛騨の暮らし
  • 2. 糸ひきに出た娘たち
  • 3. 飛騨の大工(匠)
  • 4. 木工芸の職人
  • 5. 明治・大正期の高山
  • 6. 飛騨の円空彫
  • 7. 絢爛たる高山祭

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 飛騨の暮らし : 大工・上野慶太郎翁
著作者等 上野 慶太郎
上野 登
書名ヨミ ヒダノクラシ : ダイクウエノケイタロウオウ
シリーズ名 現代かたりべ双書
出版元 創樹社
地平社
刊行年月 1986.7.10
ページ数 126p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN0553321X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想