山陽編 : 渡来人の遺跡を歩く  2

段 煕麟【著】《タン ヒリン》

山陽の古代史に渡来人が果した役割-鉄器・須恵器・織物生産など山陽地域に栄えた古代文化に百済・伽〓国からの渡来人が果した役割を考古学・古地名・伝承を通して実証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 摂津国の渡来人と来人とその遺跡
  • 第2章 播磨国の渡来人とその遺跡
  • 第3章 吉備国と渡来人ゆかりの古地名
  • 第4章 備前国の渡来人とその遺跡
  • 第5章 備中国の渡来人とその遺跡
  • 第6章 美作国の渡来人とその遺跡
  • 第7章 備後国の渡来人とその遺跡
  • 第8章 安芸国の渡来人とその遺跡
  • 第9章 周防国・長門国の渡来人とその遺跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山陽編 : 渡来人の遺跡を歩く
著作者等 段 煕麟
書名ヨミ サンヨウヘン : トライジンノイセキオアルク : 2
シリーズ名 ロッコウブックス
巻冊次 2
出版元 六興出版
刊行年月 1986.7.20
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想