大本尊ふたたび出現す : 隠されていた日蓮大聖人の本懐

玉井 礼一郎【編著】

三大秘法の大本尊は、仏智によって過去5百年間、小野寺家に隠し留められていた。仏教史の暗部を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「本因妙大本尊」について(富士山本門寺日了師)
  • 第1章 富士山本門寺の成立と経過
  • 第2章 大石寺と小野寺家の血脈
  • 第3章 真実の大本尊の御相伝秘史
  • 第4章 「大本尊」と「本門寺」をめぐる質問と回答

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大本尊ふたたび出現す : 隠されていた日蓮大聖人の本懐
著作者等 玉井 礼一郎
書名ヨミ ダイホンゾンフタタビシユツゲンス : カクサレテイタニチレンダイセイジンノホンカイ
出版元 たまいらぼ
刊行年月 1986.8.20
ページ数 205p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4886360432
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想