近世部落の成立と展開

寺本 伸明【著】

[目次]

  • 序章 近世部落史の概観
  • 第1章 近世部落の成立
  • 第2章 大阪における近世部落の成立-摂津国を中心として
  • 補論1 太閤検地帳・名寄帳の「かわた」記載をめぐって-摂津国川辺郡御願塚村検地帳・名寄帳の分析を中心として
  • 第3章 近世部落の社会的系譜-一向宗および一向一揆とのかかわりを中心として
  • 補論2 近世部落史研究の近業によせて-近世部落の前史より本史へ
  • 第4章 近世大阪の部落寺院-その来歴と本末関係
  • 第5章 近世奈良の部落寺院
  • 第6章 摂津国川辺郡堀池部落の生活
  • 第7章 摂津国住吉郡平野部落の生活
  • 第8章 和泉国日根郡樫井部落の生活
  • 第9章 近世部落の農民層分解-河内国丹北郡更池部落および和泉国泉郡南王子部落を中心として
  • 補論3 近世身分制度についての覚書-大阪およびその周辺地域を中心として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世部落の成立と展開
著作者等 寺本 伸明
書名ヨミ キンセイブラクノナリタチトテンカイ
出版元 解放出版社
刊行年月 1986.7.20
ページ数 438p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想