ベルナール師匠の秘密 : ベルナール・パリシーとその時代

ガスカール ピエール【著】<Gascar Pierre>;佐藤 和生【訳】

陶芸家、博物学者、さらには宗教家として16世紀フランスに巨大な足跡を残したベルナール・パリシーの謎にみちた生涯を追跡し、その多様性と混沌、天才と狂気の全体像を、フランス・ルネサンス時代の歴史の過渡性を体現するものとして鮮やかに描き出す歴史評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 武装する十字架
  • 第2章 ガラスの紳士
  • 第3章 自由の息吹き
  • 第4章 火の精霊たち
  • 第5章 サントの一ブルジョワ
  • 第6章 憔悴させる労苦
  • 第7章 ピトーたちの反乱
  • 第8章 釉陶の洞窟
  • 第9章 《それはすべての物に味をつける》
  • 第10章 エデンの園
  • 第11章 テュイルリ宮殿のおじさん
  • 第12章 《天が血と霊魂たちとでくすぶる時に》
  • 第13章 原始の泉
  • 第14章 ギュイーズ公の暗殺
  • 第15章 バスティーユの砦の上で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベルナール師匠の秘密 : ベルナール・パリシーとその時代
著作者等 佐藤 和生
ガスカール ピエール
書名ヨミ ベルナ-ルシシヨウノヒミツ : ベルナ-ルパリシ-トソノジダイ
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1986.7.1
ページ数 357,13p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想