円高問題 : その構造と打開策

円高は「日本経済の実力」のあらわれか。暮らしと営業を直撃する異常円高の根源にせまり、解決の処方箋と国民本位の経済発展の道を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. 円高不況を打開する日本共産党の提言(86.6.7)
  • 2. 日米経済摩擦問題にどう対処すべきか(上田耕一郎)
  • 3. 円高問題とその打開策-政策路線と経済体質の根本にかかわって(工藤晃)
  • 4. 円高問題と日本共産党の出番(佐々木憲昭)
  • 5. 解説 "狂乱円高"の原因と国民への被害

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 円高問題 : その構造と打開策
書名ヨミ エンダカモンダイ : ソノコウゾウトダカイサク
シリーズ名 共産党ブックレット
出版元 日本共産党中央委員会出版局
刊行年月 1986.7.2
ページ数 94p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想