空海 般若心経秘鍵

空海【著】;金岡 秀友【訳・解説】

いまや、東洋人のバイブルともいえる、わずか262文字の最小・最極の教典『般若心経』からは、汲み出しうる限りの智恵と慈悲が汲みとれる。そのための視点と姿勢を最も正しく、最も深く提供するのが空海の『般若心経秘鍵』である。『心経』味読の手引として、空海密教入門書として、まだ現代思想に対する警策として必読の書といえよう。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空海 般若心経秘鍵
著作者等 金岡 秀友
空海
書名ヨミ クウカイハンニヤシンギヨウヒケン
出版元 太陽出版
刊行年月 1986.6.25
ページ数 210p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想