ドーム : 終末への序曲  下

夏樹 静子【著】

人類生存の夢「ドーム」を創ろうという世論が大きく沸きあがっていった。財団法人DAが設立され、吉田は発案者として事務総長に抜擢された。8千億以上の巨費の募金活動が始まり、NY、LAなど世界各地にも支部が創られ、組織は拡大した。そして、建設地は南半球のアプラ王国にある南溟の島に困難な交渉の末、決定した。世紀の大建設が開始されたが、執拗な妨害や王国の政変による陰謀に計画は挫折するかにみえた…。核時代の人類生存をテーマに、愛と祈りのメッセージをこめたライフ・ワークともいうべき書下し近未来大長編小説!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドーム : 終末への序曲
著作者等 夏樹 静子
書名ヨミ ド-ム : シユウマツヘノジヨキヨク : ゲ
シリーズ名 カドカワノベルズ
巻冊次
出版元 角川書店
刊行年月 1986.7.5
ページ数 249p
大きさ 18cm
ISBN 4047752045
NCID BN11700972
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想