欠落させられた重要な史実 : 孫平化・劉徳有の日中「友好」史批判

日本共産党の役割を欠落させ、対日干渉の事実をほおかむりするのは率直な態度ではない-。真の日中友好の立場から批判する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 孫平化らは何をのべているか
  • 2 日本帝国主義侵略下での戦闘的連帯
  • 3 中国敵視政策と日本の政治勢力
  • 4 「文革」時の対日干渉と孫平化ら
  • 5 手先の勢力の育成や野党への指図
  • 6 日中国交回復の背景にあったもの
  • 7 日中平和友好条約への過程と論議
  • 8 日本の側の中国盲従と迎合の実態
  • 9 干渉へのほおかむりは永久に通用しない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 欠落させられた重要な史実 : 孫平化・劉徳有の日中「友好」史批判
書名ヨミ ケツラクサセラレタジユウヨウナシジツ : ソンヘイカリユウトクユウノニチユウユウコウシヒハン
シリーズ名 共産党ブックレット
出版元 日本共産党中央委員会出版局
刊行年月 1986.6.25
ページ数 71p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想