渡来人の遺跡を歩く  1 山陰・北陸編

段 煕麟【著】《タン ヒリン》

出雲・北陸の古代文化の実像に迫る。稲作農耕文化を始め、大陸の進んだ技術を携え、出雲・北陸地域にも進出した渡来人が、新たに開いた産業と文化の跡を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. 山陰地方編
  • 第1章 丹波国・丹後国の渡来人とその遺跡
  • 第2章 但馬国の渡来人とその遺跡
  • 第3章 因幡国の渡来人とその遺跡
  • 第4章 伯耆国の渡来人とその遺跡
  • 第5章 出雲国の渡来人とその遺跡
  • 第6章 石見国の渡来人とその遺跡
  • 2. 北陸地方編
  • 第1章 越前国の渡来人とその遺跡
  • 第2章 若狭国の渡来人とその遺跡
  • 第3章 能登国の渡来人とその遺跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渡来人の遺跡を歩く
著作者等 段 煕麟
書名ヨミ トライジンノイセキオアルク : 1-サンイン-ホクリクヘン
シリーズ名 ロッコウブックス
巻冊次 1 山陰・北陸編
出版元 六興出版
刊行年月 1986.6.20
ページ数 223p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想