セザンヌ物語  2

吉田 秀和【著】

描いて描いて、ついにセザンヌは永遠を思うに至った。『調和の幻想』にはじまり、『トゥールーズ=ロートレック』を経て続けられてきた著者の美術論は、『セザンヌ物語』でクライマックスと終点を迎える

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 写真の光景と「風景画」
  • 「深さ」を色彩で
  • セザンヌの静物画
  • 《ジェフロワの肖像》とりんご
  • りんご
  • 《シャトー・ノワール》と《サント・ヴィクトワール》
  • 人物画
  • 《水浴する女たち》

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セザンヌ物語
著作者等 吉田 秀和
書名ヨミ セザンヌモノガタリ : 2
巻冊次 2
出版元 中央公論社
刊行年月 1986.6.20
ページ数 224p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4120014886
NCID BN0082159X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想