経理部門の戦略的役割マニアル

窪田 千貫【著】

社長を強力に補佐する経理部門の戦略的役割は何か。経理部門で把握される内外の計数情報を自在に活用して、トップの意思決定を援護する社長補佐役機能と、増収増益に積極的に貢献する利益管理機能を具体的に解説した「稼ぐ経理」部門のための手引書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 企業の中枢である戦略的経理機能
  • 2 意思決定のための管理会計
  • 3 損益分岐点分析の戦略的活用方法
  • 4 付加価値分析と経営計画のたて方
  • 5 社長の方針に基づく中期・長期戦略計画のたて方
  • 6 目標管理の前提となる年度計画のたて方
  • 7 計画の部門別割当て方と目標管理の進め方
  • 8 トップの意思決定と直接原価計算
  • 9 限界利益分析の活用による強力な社長補佐のしかた
  • 10 経理が助言すべき設備投資の経済性と計算方法
  • 11 価格政策による販売戦略への参与のし方
  • 12 経営資源を有効に活用するポートフォリオ管理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経理部門の戦略的役割マニアル
著作者等 窪田 千貫
書名ヨミ ケイリブモンノセンリヤクテキヤクワリマニアル
出版元 マネジメント実務センター
刊行年月 1986.2.12
ページ数 295p
大きさ 30cm(A4)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想