マトリックス会計 : 情報社会の会計システム

明賀 義輝【著】

マトリックス会計の特色は、経営の姿をトータルに、マクロに見せてくれる点にある。経営者が読めるようになったら、経営のバランスをとるのに、なくてはならないシステムになるだろう。財務会計は、経営情報の宝庫である。従来は、バラバラにとらえられていたP/L、B/Sと資金繰り表とが、マトリックス会計表上で、三位一体にとらえられる。だから、戦略シミュレーションや経営分析も、生命体である企業の全体像の中でやさしくとらえることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. マトリックス会計は"実務の時代"に入った
  • 2. 実践マトリックス会計
  • 3. マトリックス会計によるシミュレーション
  • 4. マトリックス経営分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マトリックス会計 : 情報社会の会計システム
著作者等 明賀 義輝
書名ヨミ マトリツクスカイケイ : ジヨウホウシヤカイノカイケイシステム
出版元 経営実務出版
刊行年月 1986.6.10
ページ数 223p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4875850638
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想