天竜川流域にみる日本のダム開発

森 薫樹;永井 大介【共著】

今、ダムは大丈夫か?地震、堆砂、海岸浸食などダムの問題点を多角的に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 消えた砂丘
  • 第2章 堆砂と文明の危機
  • 第3章 洪水と枯渇-佐久間ダム
  • 第4章 流木と山村
  • 第5章 水害ダムの半世紀-泰阜ダム
  • 第6章 日本一の堆砂ダムの悲劇-平岡ダム
  • 第7章 ダムと地震

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天竜川流域にみる日本のダム開発
著作者等 永井 大介
森 薫樹
書名ヨミ テンリユウガワリユウイキニミルニホンノダムカイハツ
出版元 三一書房
刊行年月 1986.6.15
ページ数 272p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想