万葉の歌人 : 文学と時代のあいだ

加藤 静雄【著】

美術文化史研究会より、「びそん」叢書の第一弾として江湖の研究者・読書人に贈る加藤静雄氏の新しい家持像と持統女帝をめぐる諸問題。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 大伴家持の「場」(兵部少輔大伴家持
  • 天平17年の家持
  • 万葉集における「出雲系神話の神々について」-家持の歌を中心に
  • 万葉の風流-大伴家持の場合
  • 家持の歌友)
  • 第2部 持統女帝と吉野(「山川も依りて仕ふる神の御代」
  • 持統女帝における吉野)
  • 第3部 歌の背景の問題二つ(万葉集と斎宮
  • 万葉集暦日記載の問題点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万葉の歌人 : 文学と時代のあいだ
著作者等 加藤 静雄
書名ヨミ マンヨウノカジン : ブンガクトジダイノアイダ
シリーズ名 びぞん叢書
出版元 桜楓社
刊行年月 1986.5.10
ページ数 194p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4273020769
NCID BN02039782
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想