夫(つま)恋いの記

横塚 玲子【著】

人は男と女に生れる。比翼連理の縁で結ばれた夫-仏文学徒横塚光雄と妻-玲子。思いがけぬ病魔がその赤い糸を切るまでの婚前・婚後、今は還らぬ日々を呼び返す、調べたおやかな夫偲びうた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夫(つま)恋いの記
著作者等 横塚 玲子
書名ヨミ ツマコイノキ
出版元 審美社
刊行年月 1986.5.20
ページ数 181p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想