先生とは

コゾル ジョナサン【著】<Kozol Jonathan>;石井 清子【訳】

今日、「先生」と呼ばれる人々の、問われねばならない真の責任、果たさねばならない真の仕事とは何だろうか。「先生」として子どもたちに語らねばならないこととは、いったい何だろうか。危機に面した現代教育を一身に負う「先生」の問題をめぐって、自らの体験と教師たちとの対話をもとに「教える」ということの原点を追及して新たな道筋を示唆する問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第一部 具体的事実-改革のための戦術集
  • 1 要求されているわれわれの仕事とは何か
  • 2 「私」から「われわれ」へ
  • 3 極端な考えかた
  • 4 不服従の指示
  • 5 教科書にのらない歴史上の女性たち
  • 6 真実はわれわれを解放する
  • 7 秘密の記録
  • 8 子どもを指導するための要点
  • 9 下から上への歴史
  • 10 生徒たちを泣きながら家に帰らせる
  • 11 子どもたちに嘘をつくのは悪である
  • 12 スローガン
  • 13 教化対理念の自由市場
  • 14 目隠しされた愛国者たち
  • 15 ある種のことが許されない時代
  • 第二部 草の根運動-総力を結集するために親と教師の組織をつくる
  • 16 親との間に信頼と友情の基盤を築く
  • 17 友情をこえたもの-基本的技能を教えること
  • 18 教師同士の信頼関係
  • 19 教師と生徒の誠実な関係
  • 20 短期の目標と長期の勝利
  • 21 危機を創り出す-危機を待つ
  • 22 新聞とテレビに対する事実の普及
  • 23 勝利に対する怖れ-数字の危険性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先生とは
著作者等 Kozol, Jonathan
石井 清子
コゾル ジョナサン
書名ヨミ センセイトハ
シリーズ名 晶文社コレクション
出版元 晶文社
刊行年月 1986.5.20
ページ数 244,6p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4794946503
NCID BN00720366
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想