これだけは知っておきたい医学ラテン語

一宮 陸雄【著】〔ニノミヤ リクオ〕

人間の知識や思想が新たに獲得され、創造されたとき、その表現として言葉がつくられる。したがって、医学用語の一語一句の中には、それが成立するまでの先人の長い思索のあとがこめられている。医学を築いた先賢の著作を手にすることによって先賢の思索のあとを体感し、そこに流れる医学思想の潮流を感じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1.医学用語の源流-印欧語族
  • 2.医学生物学用語の成立と変遷
  • 3.医学史の中での用語の変遷
  • 4.ラテン語学術語の変化の実際
  • 5.日本における医学用語の変遷
  • 6.造語法
  • 7.主要な造語要素

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これだけは知っておきたい医学ラテン語
著作者等 一宮 陸雄
書名ヨミ コレダケハシツテオキタイイガクラテンゴ
シリーズ名 講談社サイエンティフィク
出版元 講談社
刊行年月 1986.5.20
ページ数 148p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想