平和を語る学校 : 学びがいある中学生活

京都府美山町立八ケ峰中学校【編著】

中学生は戦争体験を語りつぎ自分を育てる。戦争や平和を学校でどう教えるか、子どもの生活はどう変わり学校はどのようにして"地域の宝"になったのか-小さな学校が生んだ"戦争や平和"を伝え、教える壮大なドラマは、父母や国民の信頼にこたえる学校づくりのすじ道を鮮明に示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現実を見すえて育つ
  • 第2章 平和の尊さが血肉になるとき-戦争体験の聞き書き活動
  • 第3章 中学生は歴史をつなぎ人びとをつなぐ-地域の声援を受けた文化祭
  • 終章 さらに展望のある学校づくりをめざして-学校長の抱負

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平和を語る学校 : 学びがいある中学生活
著作者等 京都府美山町立八ケ峰中学校
書名ヨミ ヘイワオカタルガツコウ : マナビガイアルチユウガクセイカツ
シリーズ名 シリーズ・学校の再生 4
出版元 労働旬報社
刊行年月 1986.5.15
ページ数 239p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想