消化と吸収 : その神秘を探る

奥井 勝二【監修】

結核や赤痢など、病いが外から台風のように襲ってきたのは昔のはなし、いま、ガンや脳卒中など病気は、身体組織の反乱によって内から徐々に始まり、ある日突然、表に出る。反乱を未然に防ぐ手立ては? 健康の自己管理あるのみ。ために「身体のしくみ」は、欠かせぬ知識となる。かむことの大切さ、唾液の役割からはじまり、食べ物が胃から腸、そして肛門へとどのように変化をとげ、身体に吸収されていくかを食物繊維や腸内細菌の働きをも含めて展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 食べ物の旅-消化管の世界
  • 第2部 食物繊維が現代病を治す(食物繊維とは何か
  • 食物繊維の消化管内でのはたらき
  • 食物繊維と腸内細菌
  • 現代病は食物繊維でなおる
  • 歯と歯ぐきと食物繊維
  • 便秘と食物繊維
  • 憩室病と食物繊維
  • 虫垂炎と食物繊維
  • 痔核と食物繊維
  • 裂孔ヘルニアと食物繊維
  • 糖尿病と食物繊維
  • 虚血性心臓病と食物繊維
  • 胆石症と食物繊維
  • 大腸ガンと食物繊維
  • 肥満と食物繊維
  • 食卓で食物繊維をとる)
  • 第3部 腸の見えざる住人-腸内細菌とからだ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消化と吸収 : その神秘を探る
著作者等 奥井 勝二
書名ヨミ シヨウカトキユウシユウ : ソノシンヒオサグル
シリーズ名 シリーズ身体のしくみ
出版元 風濤社
刊行年月 1986.5.1
ページ数 263p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想