モーツァルト巡礼 : 1829年ノヴェロ夫妻の旅日記(抄訳)

マリニャーノ ネリーナ・ルディチ・ディ;ヒューズ ローズマリー【編】;小池 滋【訳】

モーツァルトの熱烈な崇拝者ヴィンセント・ノヴェロ(有名なノヴェロ社の創立者)は,モーツァアルトの姉ナンネルが晩年病の床に就き,生活にも困っていることを知られて(1829年),なにがしかの義援金を届けるべくザルツブルグ,ウィーンを夫人と共に訪ねる……同時にモーツァルト未亡人,息子やこの音楽の臣匠と親しかった人々にも面談する。その内容を日記に綴ったのが本書である……この音楽の大天才が当時どのように評価されていたか,その様子もうかがえ興味が絶えない。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モーツァルト巡礼 : 1829年ノヴェロ夫妻の旅日記(抄訳)
著作者等 Hughes, Rosemary
Marignano, Nerina Medici di
小池 滋
ヒューズ ローズマリー
マリニャーノ ネリーナ・ルディチ・ディ
書名ヨミ モ-ツアルトジユンレイ : センハツピヤクニジユウクネンノヴエロフサイノタビニツキシヨウヤク
出版元 秀文インターナショナル
刊行年月 1986.5.10
ページ数 179p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4879633763
NCID BN00507405
BN1116456X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想