人生80年時代

加藤 龍一【著】

"人生80年時代"とは生きている長さ、"実年時代"とは50、60歳時代の人間の形成された内容ということである。それは<生き甲斐>という言葉に要約される。<生き甲斐>とは個々人の<心の出来栄え>ということででもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "弥陀本願"への信心と歸依(大谷光眞)
  • 観音とは何か-荒廃した現代人の心をいやす(大西良慶)
  • 高野山は国民信仰の総菩提どころ(高峰秀海)
  • 黄檗禅は"修行の念仏禅"じゃ(安部禅梁)
  • 修行とは……よく耐えることじゃ(梶浦免外)
  • "皇室の御寺"泉涌寺750年の歴史(小松道円)
  • 醍醐寺1100年の歴史を語る(岡田宥秀)
  • 鞍馬は天啓をいただく大道場(信樂香仁)
  • 捉われる心からの脱出(小笠原日英)
  • 生きるに理屈はいらぬ(梶谷宗忍)
  • 西大寺の歴史と信仰(松本実道)
  • 東寺の歴史と"弘法さん"への庶民的信仰(鷲尾隆輝)
  • 東福寺の歴史-京都最大の伽藍-(岡田元亨)
  • 知恩院の歴史と信仰(藤井実應)
  • 興福寺の歴史とその教学(多川乘俊)
  • 三井寺の歴史と信仰(大岡俊謙)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人生80年時代
著作者等 加藤 龍一
書名ヨミ ジンセイハチジユウネンジダイ
シリーズ名 現代を生きる 2
出版元 日本印刷出版
東方出版
刊行年月 1986.5.20
ページ数 187p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想