ゼーロータイ : 紀元後1世紀のユダヤ教「熱心党」

ヘンゲル マルティン【著】;大庭 昭博【訳】

[目次]

  • 第1章 資料(A 主要資料としてのヨセフス
  • B 副資料)
  • 第2章 ユダヤ解放運動の種々の特徴(A 「盗賊たち」
  • B シカリ派
  • Cバルヨネとガリラヤ人
  • D 「熱心党」
  • E まとめ)
  • 第3章 ガリラヤのユダの「第4哲学派」(A 資料の証言
  • B 後期ユダヤ教内部の独立党派としての「第4党派」
  • C ガリラヤのユダの使信
  • D まとめ-ユダによって創設された運動の宗教的性格)
  • 第4章 熱心(A 神に対する熱心の旧約聖書的前提
  • B 律法に対する熱心-そのピネハス伝承との結びつき
  • C 後期ユダヤ教の敬虔に典型的な基本的特徴としての「熱心」
  • D パレスチナユダヤ教およびゼーロータイにおける律法と神殿とに対する熱心
  • E まとめ-トーラーの終末論的な尖鋭化としての熱心)
  • 第5章 終末論的運動としてのゼーロータイ(A ゼーロータイの預言者たち
  • B 大いなる怒りの時
  • C 荒野への退却
  • D 殉教の覚悟
  • E 聖戦
  • F ゼーロータイのメシア僣称者たち
  • G イスラエルの究極の勝利と世界支配
  • H まとめ)
  • 第6章 ゼーロータイ運動の展開(A アルケラオス追放までの前史
  • B 第4党派の創設からアグリッパ1世の死まで
  • C アグリッパ1世の死後、ユダヤ戦争勃発までのゼーロータイ運動の拡大
  • D ユダヤ戦争におけるゼーロータイ運動の潰滅とその終焉)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゼーロータイ : 紀元後1世紀のユダヤ教「熱心党」
著作者等 大庭 昭博
ヘンゲル マルティン
書名ヨミ ゼ-ロ-タイ : キゲンゴイツセイキノユダヤキヨウネツシントウ
出版元 新地書房
刊行年月 1986.5.1
ページ数 599,112p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想