覺醒と寂滅 : 埴谷雄高対話集

埴谷 雄高【著】

人類にとって最後の未知なる空間=頭脳宇宙のかなたから、「非在」の思想家=埴谷雄高がかたる自己と革命と『死霊』の世界。寂滅を暗示する覺醒とはなにか

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 もっと暗黒を!(聞き手 栗坪良樹)
  • 2 推理小説の魅力(座談者 丸谷才一・大岡昇平)
  • 3 作家埴谷雄高の形成(聞き手 柘植光彦)
  • 4 戦争下の転向と抵抗(座談者 宮内勇・栗原幸夫)
  • 5 真実とフィクション(座談者 井上光晴)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 覺醒と寂滅 : 埴谷雄高対話集
著作者等 埴谷 雄高
書名ヨミ カクセイトジヤクメツ : ハニヤユタカタイワシユウ
出版元 未来社
刊行年月 1986.4.20
ページ数 213p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN00828103
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想