後鳥羽伝説殺人事件

内田 康夫【著】

芸備線三次駅で若い女の絞殺死体が発見された。被害者は"後鳥羽伝説"の地を訪ね終え、尾道から東京へまっすぐ帰る予定だった。その彼女がなぜ三次で殺されていたのか?彼女が大切そうに持っていたとされる緑色の布張りの本はどこにいったのか?事件の謎の鍵を握ると見做された人物が次々と殺され、捜査陣は犯人の素早い動きに翻弄される。上司と衝突し独自の捜査を始めた刑事が掘り起した秘められた過去とは?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 後鳥羽伝説殺人事件
著作者等 内田 康夫
書名ヨミ ゴトバデンセツサツジンジケン
シリーズ名 広済堂文庫
出版元 廣済堂出版
刊行年月 1986.5.10
ページ数 296p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4331600572
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想