夜の陽炎

西村 望【著】

最終電車も出てしまった深夜の駅構内で町工場の社長・山田は、秀子と出会った。何かわけありげな女を口説き、ホテルで男と女の関係を持った山田に明かされた意外な告白-「人を殺してきた……」妻にも家庭にも疲れていた山田は、会社の金を持ち出し、若い秀子と逃避行の旅に出たのだが……。事件の裏に潜む男と女の哀しい業を抉りだす犯罪小説の第一人者、鬼才・西村が描いた愛憎の織なす犯罪タペストリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夜の陽炎
著作者等 西村 望
書名ヨミ ヨルノカゲロウ
シリーズ名 広済堂文庫
出版元 廣済堂出版
刊行年月 1986.5.10
ページ数 326p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4331600580
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想