日本共産党の政策  1986年版

日本共産党中央委員会【著】

[目次]

  • 1、核戦争阻止、核兵器全面禁止を実現し、人類を核の脅威から救う
  • 2、あらゆる侵略と干渉に反対し、民族自決権を擁護し、平和5原則にもとづく国際関係の確立で世界とアジアの平和をまもる
  • 3、すべての軍事ブロックを解決し、全般的軍縮を実現する
  • 4、日米軍事同盟のあらゆる強化に反対し、日米安保条約を廃棄し、独立・非同盟・中立の日本をめざす
  • 5、軍国化と日本型ファシズムの実現を許さず、自由と民主主義をまもり発展させる
  • 6、国民生活犠牲・軍拡推進・財界奉仕の臨調路線に反対し、国民本位の行政改革をすすめる
  • 7、政・財・官のゆ着と汚職、政治腐敗を一掃する
  • 8、国民生活をまもり、経済危機を打開するため、大企業本位、国民犠牲の経済政策を根本的に切り替える
  • 9、労働者の生活と権利をまもり、雇用を拡大する
  • 10、農業を基幹的生産部門として、民主的に再建し、食糧自給率の向上とゆたかな農山漁村づくりをめざす
  • 11、日本経済の主役、中小企業の経営をまもる
  • 12、低福祉・高負担の制度大改悪に反対し、総合的社会保障制度を確立する
  • 13、国土の乱開発と破壊をふせぎ、自然と環境をまもり、住みよい都市と農村をつくる
  • 14、航空事故をはじめ大量交通機関の事故をなくし、あらゆる事故・災害をふせぐ
  • 15、住民犠牲、地方自治破壊の「地方行革」に反対し、住宅本位の地方自治をめざす
  • 16、真の男女平等、婦人の地位向上をはかり、母性保護と子どものすこやかな成長を保障する
  • 17、青年の権利拡大と地域向上、ゆたかな民主的成長をはかる
  • 18、教育臨調に反対し、いじめ、体罰をなくし国民の願う教育改革をすすめる
  • 19、学問、研究の自由をまもり、科学・技術の総合的で平和的、自主的、民主的発展をはかる
  • 20、反動的文化・思想政撃をゆるさず、文化の民主的発展をはかり、思想・信条・信教の自由をまもる。宗教者との相互理解・共同をすすめる
  • 21、だれもがスポーツのできる条件を確立し、水準の高いスポーツの実現をめざす
  • 22、非核5項目と革新3目標を堅持し、国政の根本的革新への不屈の前進をはかる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本共産党の政策
著作者等 日本共産党中央委員会
書名ヨミ ニホンキヨウサントウノセイサク : 1986ネンバン
巻冊次 1986年版
出版元 日本共産党中央委員会出版局
刊行年月 1986.4.21
ページ数 493p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想