酸漿(ほおずき)は殺しの口笛

平岩 弓枝【著】

江戸の風物、人情を豊かに謳いあげる異色の捕物帳。"かわせみ"のるい、剣の達人・東吾、同心・源三郎らが展開する軽快な連作シリーズ第4巻

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酸漿(ほおずき)は殺しの口笛
著作者等 平岩 弓枝
書名ヨミ ホオズキハコロシノクチブエ
シリーズ名 御宿かわせみ 4
出版元 文芸春秋
刊行年月 1986.4.25
ページ数 228p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4163088903
NCID BA35575909
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
冬の月 平岩 弓枝
春色大川端 平岩 弓枝
玉菊燈篭の女 平岩 弓枝
能役者、清大夫 平岩 弓枝
酸漿は殺しの口笛 平岩 弓枝
雪の朝 平岩 弓枝
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想