国際取引の法務戦略

藤岡 公夫【著】

本書の特色を述べるならば、第1に実務経験が背景になっているだけに、実用的で役に立つということである。第2には実務と理論を巧みに組み合せてあることである。第3には、分かり易いということである。今後、本書が実務家の座右の書として用いられると同時に、大学等研究教育機関においても「国際取引法」というような講義が増えることが予想され、このような教育目的にも役に立つことであろう

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国際取引のメカニズム(国際取引の特長
  • 国際取引の当事者とその関係)
  • 第2章 国際取引と契約条件(予備的な合意の問題
  • 国際契約の成立とその方式
  • 英文契約書のスタイルなど
  • 一般条項
  • 国際取引の契約条件)
  • 第3章 国際取引の契約類型と契約実務(長期売買契約
  • 延払い売買契約
  • 特約販売店契約
  • フランチャイズ契約
  • 代理店契約
  • 代理店保護法制の鳥瞰
  • 合弁契約
  • 技術提携契約
  • プラント輸出契約
  • コンサルタント契約
  • 資源開発契約)
  • 第4章 海外子会社とプロフェッショナルたち(日本の本社と海外子会社の関係とその契約
  • 国際取引と法務の専門家
  • 国際取引と会計事務所
  • 外国企業への信用調査
  • 自認の原則)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際取引の法務戦略
著作者等 藤岡 公夫
書名ヨミ コクサイトリヒキノホウムセンリヤク
出版元 商事法務研究会
刊行年月 1986.3.25
ページ数 436p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4785703504
NCID BN00852516
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想