鳥影の関  下

杉本 苑子【著】

凶作にあえぎ一揆を起こす箱根近在の農民たち、強訴にそなえて緊迫する関所で、人見女として働く小静の身辺にしのびよる亡夫を仇とねらう男の影。箱根を舞台に江戸末期の波瀾の世相を描く完結篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鳥影の関
著作者等 杉本 苑子
書名ヨミ チヨウエイノセキ : ゲ
シリーズ名 中公文庫
巻冊次
出版元 中央公論社
刊行年月 1986.4.10
ページ数 342p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4122013143
NCID BN08889156
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想