芦浜原発はいま : 芦浜原発20年史

北村 博司【著】〔キタムラ ヒロシ〕

[目次]

  • 1 芦浜原発はいま-1983年以後("カネが欲しい"
  • 紀勢町の財政
  • 受け入れ表明前夜
  • 「縄手表明」の波紋
  • "勉強"への誘い
  • 調査申し入れの構え
  • 南島漁民立ち上がる)
  • 2 芦浜20年史-1963年秋〜1983年(20年紛争の始まり
  • 反対運動の火の手
  • 芦浜に決まる
  • 漁民相闘う、錦と南島
  • 突進する三重県
  • 中曽根康弘と長島事件
  • 紀勢町政の混迷
  • 終らなかった"終止符"
  • 静止期の陰で
  • 札束で頬を……
  • 再構築への軌跡)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芦浜原発はいま : 芦浜原発20年史
著作者等 北村 博司
書名ヨミ アシハマゲンパツハイマ : アシハマゲンパツニジユウネンシ
出版元 現代書館
刊行年月 1986.4.15
ページ数 222p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想