ドッグ・タック

志津 三郎【著】〔シズ サブロウ〕

ソ連国内に作られた対日工作員の街。ここで訓練、鍛えられ、日本人として東京に潜入した若狭正幸にモスクワが指令した任務は、麻薬による莫大な利益を得ることと同時に、腐敗、堕落、無気力、不安、犯罪などあらゆる精神の汚染を促進させることによって起こる社会的混乱であった。若狭の活動を察知し、彼の抹殺に動きだした各国情報機関。しかしモスクワの作戦には対日麻薬戦略をステップとした世界を震憾させる戦慓の謀略が隠されていた。任務遂行の為、冷徹に殺戮をくり返す若狭。だが彼もまた知り得ぬ恐るべき研究実験がKGBによって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドッグ・タック
著作者等 志津 三郎
書名ヨミ ドツグタツク
シリーズ名 広済堂ブルーブックス
出版元 廣済堂出版
刊行年月 1986.4.25
ページ数 241p
大きさ 18cm
ISBN 433105215X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想