牡丹亭のお遊  下

村上 元三【著】

風雲の時代を鮮烈に生きた武家娘の半生!落魄士族との恋に奔った座長のお吟-一座を引継いだお遊は、文明開化にわく横浜の地に、政府顕官品川弥二郎、山岡鉄舟などの後援を受け、西洋料理店"牡丹亭"を開店する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 牡丹亭のお遊
著作者等 村上 元三
書名ヨミ ボタンテイノオアソビ : ゲ
巻冊次
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1986.4.10
ページ数 329p
大きさ 20×14cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想