ソオ連の旅芸人 : パロール・パロディストの一日

永山 則夫【著】

個人命名主義から科学法則主義への時代を論証しつつ、軍事経済と福祉経済が対立する基台のイデオロギー諸形態を分析して、ファシズム=少数抹殺主義が発生する法則性を予測し、『資本論』をパロディ化して犯罪学を史上初めて科学にし、諸科学の『資本論』化を推進する論理を発見させる道を開く新科学小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソオ連の旅芸人 : パロール・パロディストの一日
著作者等 永山 則夫
書名ヨミ ソオレンノタビゲイニン : パロ-ルパロデイストノツイタチ
出版元 昭和出版
言葉社
刊行年月 1986.3.15
ページ数 174p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 487985512X
NCID BN05293193
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想