全共闘から対抗社会へ

鶴崎 敏康【著】〔ツルサキ トシヤス〕

全共闘を論じた文献は数々あるが、今本当の問題は、全共闘から<どこへ><どう>旅立って行くのかというところにあるはずだ。あの熱き<われ=われ>からの再出発こそが問われている!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 全共闘からの旅立ち(<われ=われ>からの再出発
  • 底辺と人民
  • 集団と階級
  • 党派と勢力
  • 自律と権力
  • 対抗と陣地
  • 同盟と国家
  • 蜂起と革命)
  • 全共闘から左翼横断戦線へ(あさはこわれやすいがらすだから-<底辺>への旅立ち
  • 連帯を求めて、孤立をおそれない-<他立>への旅立ち
  • 日常の砦のうえにわれらの世界を-<対抗>への旅立ち
  • 浸み込んだ雨は光州へと吹き出す-<横断>への旅立ち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 全共闘から対抗社会へ
著作者等 鶴崎 敏康
書名ヨミ ゼンキヨウトウカラタイコウシヤカイヘ
出版元 せきた書房
刊行年月 1986.3.31
ページ数 220p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN02429415
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想