小沢克己詩集 虚空の水域

小沢 克己【著】〔オザワ カツミ〕

まぼろしの詩語の水源をもとめて-われわれは、ここで「詩とは叫びだ」というラジカルな言表の希求を認めない訳にはゆかないであろう。詩人は言う「詩とは虚空から水を引き込む行為に似ている」と。その苦闘の証としての連作「思秋期へのエチュード」を中心に詩作品の数々が我々に肉迫する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小沢克己詩集 虚空の水域
著作者等 小沢 克己
書名ヨミ コザワカツミシシユウコクウノスイイキ
出版元 漉林書房
刊行年月 1986.3.25
ページ数 101p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想