細胞と分子レベルにおける生体認識 : 第7回ABCシンポジウム

日本農芸化学会【編】

[目次]

  • 細胞膜の情報認識機構(細胞応答における生体膜脂質の役割-血小板を例として
  • 大腸菌外膜タンパク質合成の調節と浸透圧応答
  • 分子レベルにおける細胞表層物質
  • 細胞融合 電場効果による植物細胞への遺伝子の導入-ElectrofusionおよびElectroinjection
  • HVJを利用した巨大高分子物質の細胞内導入
  • 造血因子の単離と作用の解析)
  • 生理活性物質の認識(バクテリアにける性的接合の分子機構
  • 酵素のリガンド認識における分子〔下〕機構)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 細胞と分子レベルにおける生体認識 : 第7回ABCシンポジウム
著作者等 日本農芸化学会
書名ヨミ サイボウトブンシレベルニオケルセイタイニンシキ : ダイナナカイABCシンポジウム
出版元 秀潤社
刊行年月 1986.3.25
ページ数 88p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想