モロッコ : 辺境の光

赤地 経夫【写真】

黄色いルノーを駆って旅した「西の地の果て」の国。岩塊には雪が残り、砂丘は大地に移ろう。緑の舌となって砂漠へのびるオアシス。迷宮のメディナ。大道芸が繰り広げられ、シチューの炊煙が立ち昇る大広場。光と風の間にハッカ茶が香る写真集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モロッコ : 辺境の光
著作者等 赤地 経夫
書名ヨミ モロツコ : ヘンキヨウノヒカリ
出版元 六興出版
刊行年月 1986.3.20
ページ数 56p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想