淫らな柔肌

羽鳥 止愁【著】

亜矢の情感の昂まりが伝わってくる。俊一は手を亜矢の頤にあて、後ろを振り向かせるようにした。そして軽く唇を触れていった。亜矢はもはや避けようとはしなかった。俊一の唇に、亜矢は朱唇を重ねてきた。熱い喘ぎが俊の喉を通り、胸の奥まで忍び込んでくる。甘い抱擁に、俊一も亜矢もすっかり上気していた。そしてもう、こうなってしまえば、亜矢の方が積極的になってくる。「矢吹さん、今夜泊まっていって…いいでしょう…」情感に濡れる、潤むような瞳を矢吹に向けた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 淫らな柔肌
著作者等 羽鳥 止愁
書名ヨミ ミダラナヤワハダ
シリーズ名 バイオレンス・ノベル
出版元 黒田出版興文社
刊行年月 1986.3.25
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 4905802415
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想