「若者組」の研究 : 年輩序列を基礎として年齢集団

山岡 健【著】

離島の若者の組織を,連帯感に欠ける高校生の現代社会の教材に-奈良県桜井高校で社会を担任する山岡教諭(42)が,1年がかりで瀬戸内海の島々や木屋平村など過疎地を巡って「若者組(若衆組)」の実態調査をした。「若者組」はいずれも,15歳から35,6歳までの地区の男子全員の参加が強制される。加入することで一人前として認められ,漁に出ても分け前がもらえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民俗学関係の諸文献、民俗調査による聞き書き
  • 第2章 「若者組」の変遷
  • 第3章 「若者組」の文化人類学、社会人類学及び民族学的検討
  • 第4章 「若者組」の社会学及び教育社会学的検討
  • 第5章 高等学校社会科「現代社会」の教材開発-「若者組」の教材化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「若者組」の研究 : 年輩序列を基礎として年齢集団
著作者等 山岡 健
書名ヨミ ワカモノグミノケンキユウ : ネンパイジヨレツオキソトシテネンレイシユウダン
出版元 教育出版センター
刊行年月 1986.2.8
ページ数 220p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想