日本赤軍を追え

高木 規矩郎〔タカギ キクロウ〕【著】

ドキュメント 中東記者15年の取材ノート。「岡本公三」 音のないテレビ画面にあの男の名前が一瞬大写しになった。ちょうど13年前の1972年5月30日、アラブ赤軍の奥平剛士をキャップとする安田安之、岡本公三の3人はエールフランス機でテルアビブ空港に何喰わぬ顔でおりたった。手荷物がベルトコンベヤーで運ばれてきた。3人は黙ってスーツケースを受け取る。次の瞬間、中から機関銃と手榴弾を取り出し、ロビーにいた乗客たちに向けて…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 岡本はきっとダマスカスに向かう
  • 日本赤軍-ベカー高原の再会
  • 黄昏のベイルート
  • 消えた日本赤軍
  • 新しい闘争のシナリオ
  • 《資料(1)》年表/パレスチナ解放闘争と日本赤軍
  • 《資料(2)》日本赤軍主要メンバーと関係した事件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本赤軍を追え
著作者等 高木 規矩郎
書名ヨミ ニホンセキグンオオエ
出版元 現代評論社
刊行年月 1986.2.25
ページ数 203p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想